スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【書評】椎野秀聰『僕らが作ったギターの名器』文春新書

中学に入ったときヤマハのフォークギターを、高校合格祝いにグレコのEG600PB(ピーターフランプトン モデル)を購入。30年近くたった今でも、息子が使っています。僕自身は今ベースを弾いていますが、基本的に楽器の製作工程など詳しくなかったので、その背景やルシアーの裏話など興味深く読み進めることができましたが、実際に楽器に手を入れられている方や、詳しい方にはひょっとしたら物足りない内容なのかも知れません。
一番おもしろく読めたのは「第六章 21世紀のギター ~モノ作りの現在から未来へ~」でした。楽器のブランド意義、音楽ツールとしての有り様についての椎野氏の考え方には、大変感銘を受けるとともに共感しました。特にシンセギターの登場とプログラミングによる音楽表現について、
『~なぜなら音楽が命を宿すには、プログラムとは正反対の、自由が不可欠だからだ。自由を奪われた音は、狂う事すらできない。命の通っていないサウンドに人の感性を磨く力は備わっていない…(p237)』
その通りだと思いました。

はじめてギターを購入したとき、いい音が出るように毎日手入れをしたり、弦やピックなど色々ためしてみたり。決して高いギターでは無かったですが、音が変わっていくのが楽しく、嬉しかった事を思い出しました。

文春の紹介文。
『世界的ギター設計家が解き明かす音と響きの謎
80以上のブランドに関わり、プリンス、ジョージ・ベンソンらの愛用ギターを作ったサウンド・デザイナーによる音楽ファン必読の書
著者はギター設計家として、お馴染みのモーリス、グレコから高級品であるディ・アンジェリコまで80以上のブランドに関わり、その作品はプリンス、ジョージ・ベンソンを始め、高中正義、成毛滋、あるいはキッスのヴィニー・ヴィンセント、アース・ウィンド&ファイアーのアル・マッケイらに愛用されてきました。氏ならではの視点で、古今東西のギターと音の世界を描いたエピソード満載の本書は、音楽ファン必読の快著です。(IS)』



管理人のその他のコンテンツ

知的快楽主義者の学習日記
通信制大学、資格取得、e-ラーニングなど管理人が挑戦した学習の記録です。

知的快楽主義者の備忘録Wiki
日々のITエンジニアとしての仕事や勉強の中で役立った知識をまとめています。

 人気ブログランキングへ  にほんブログ村 哲学・思想ブログへ 

↑ ↑ ブログランキングに登録しています。気に入って下さった方は出口がわりにクリックお願い致します!!

関連記事
スポンサーサイト

theme : 読むこと、学ぶこと、生きること
genre : 本・雑誌

comment

Secret

FC2カウンター
プロフィール

takemaster2009

Author:takemaster2009
FC2ブログへようこそ!

はじめまして。「爽快!読書空間」管理人のtakemasterです。
このブログでは、書評、映画の紹介を中心に皆様に「小さな感動」をお伝えしています。

ご意見・ご感想などございましたら、こちらにメールして下さい。↓↓↓
takemaster@livedoor.com

なお献本の方も大歓迎です!頂いた本は責任をもってご紹介させて頂きます。ご連絡頂きましたら、折り返し送付先等のメールを送らせて頂きます。よろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村

レビュープラス
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事一覧
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
スポンサードリンク
あわせて読みたいブログパーツ
twitter
twitter始めました! フォローお願い致します。
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。