スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【書評】島内景二『中島敦「山月記伝説」の真実』文春新書

「山月記」・・・大好きな小説です。
高校生の時、国語の教科書で読んでから、何度読み返したでしょうか。
肥大化した自尊心により、虎と化す李徴。

その「山月記」の著者のバックボーンや、交友関係に迫ったのが本作です。

私は「山月記」を読むとき、「李徴」しか見ていませんでした。
その友、「袁さん」(『さん』漢字でない・・・)との友人関係って、
全然スポットを当てて読んでなくて、
「李徴」の独白の聞き手くらいにしかとらえていませんでした。
あと、李徴の「虎」という立場を、官吏という立場から引き立てる役目、というか。

けれど本書では、多くの部分を、中島敦の交友関係に当てていて、
敦からみた「袁さん」を探るんです。

そして著者自身、かつては「李徴」側から読んでいたが、
歳を経るにつれ、「袁さん」の気持ちで読むことが増えたと記します。

その読み方はしてこなかったな、と驚き。

歳を経るにつれ、
「友に誠実であったか」「差し伸べられる手はなかったかと」自分自身に問うことが
増えてくるとのこと。

私自身はまだまだ、李徴の気持ちですが、
いずれ私も、「袁さん」の気持ちで読む時がくるのでしょうか。

あぁ。それにしても「山月記」
本当にいいです。
本書では、山月記に投影された中島敦という人物がたくさん書かれいて、
読むほどに、敦自身の息遣いが「山月記」という小説から聞こえてきます。
まさに、入魂の一作、逸策だったんだな、と。

中島敦の描いた虎は、多くの人に、自分の中の虎を意識されるきっかけとなり、
その虎は、永遠に生き続け、小説は語り継がれるのです。
中島敦は若くして死ねど、虎は死せず。

心に残る一冊となりました。



管理人のその他のコンテンツ

知的快楽主義者の学習日記
通信制大学、資格取得、e-ラーニングなど管理人が挑戦した学習の記録です。

知的快楽主義者の備忘録Wiki
日々のITエンジニアとしての仕事や勉強の中で役立った知識をまとめています。

 人気ブログランキングへ  にほんブログ村 哲学・思想ブログへ 

↑ ↑ ブログランキングに登録しています。気に入って下さった方は出口がわりにクリックお願い致します!!

関連記事
スポンサーサイト

theme : 読むこと、学ぶこと、生きること
genre : 本・雑誌

comment

Secret

FC2カウンター
プロフィール

takemaster2009

Author:takemaster2009
FC2ブログへようこそ!

はじめまして。「爽快!読書空間」管理人のtakemasterです。
このブログでは、書評、映画の紹介を中心に皆様に「小さな感動」をお伝えしています。

ご意見・ご感想などございましたら、こちらにメールして下さい。↓↓↓
takemaster@livedoor.com

なお献本の方も大歓迎です!頂いた本は責任をもってご紹介させて頂きます。ご連絡頂きましたら、折り返し送付先等のメールを送らせて頂きます。よろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村

レビュープラス
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事一覧
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
スポンサードリンク
あわせて読みたいブログパーツ
twitter
twitter始めました! フォローお願い致します。
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。