スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【書評】速水融 小嶋美代子『大正デモグラフィ 歴史人口学でみた狭間の時代』文春新書

前読んだ江戸時代について分析した速水氏の本が目から鱗だらけで面白かったので。
でも話が浅い所で止まり、あっちこっち行くので物足りず。

100年前と比べたらかなりの日本人は田舎から都市に出てきて戻らなくなってしまったのだ。
また、都市や郡部や地方ごとに違った動きが同時進行していて、全体の数字見ているだけじゃわからないことが多い。
スペイン風邪と肺炎と震災が重なる「大正死亡危機」でデモグラフィ上の転換期だったのはわかるけど、「なぜ大正なのか」が最後まで伝わってこなかった。

引用
・大正年間に日本は農業国から工業国に変身した。
・書籍・雑誌の広告が新聞の一面に載るのが大正期に確立したことは、いかにこの時期に読書人口が増えたか
・大正生まれの約67%が兵役についた可能性があり、その20~26%前後が失われたことになる。
・都市の死亡率が農村より低くなった
・大正15年、日本の人口の78%は依然として郡部に居住していた。
・家庭用電灯の普及→都市では夜の娯楽が増え、農村に比べてそもそも低かった出生率はさらに低くなった
・合計特殊出生率は人口学上の人口の再生産モデルから発生した概念
・大阪は乳児死亡率も日本で最も高かった
・ヨーロッパでは何でもよくない事はスペインのせいにする
・大都市のある東京府や大阪府では。全出生数の10~20%が婚外子であった
・出生の多い1~3月の合計と、少ない5~7月の合計の比率「早生まれ症候群」
・京阪神では明治末年以降、持続的に出生率が低下していたこと、京浜及び名古屋でも大正の初年から低下していた。出生率低下は大都市では明治末年から大正初期に始まっていた
・「教養主義の没落」「西洋の没落」「明治・大正期の神奈川県」「女工哀史」「疫病流行記」「鴎外最大の悲劇



管理人のその他のコンテンツ

知的快楽主義者の学習日記
通信制大学、資格取得、e-ラーニングなど管理人が挑戦した学習の記録です。

知的快楽主義者の備忘録Wiki
日々のITエンジニアとしての仕事や勉強の中で役立った知識をまとめています。

 人気ブログランキングへ  にほんブログ村 哲学・思想ブログへ 

↑ ↑ ブログランキングに登録しています。気に入って下さった方は出口がわりにクリックお願い致します!!

関連記事
スポンサーサイト

theme : 読むこと、学ぶこと、生きること
genre : 本・雑誌

comment

Secret

FC2カウンター
プロフィール

takemaster2009

Author:takemaster2009
FC2ブログへようこそ!

はじめまして。「爽快!読書空間」管理人のtakemasterです。
このブログでは、書評、映画の紹介を中心に皆様に「小さな感動」をお伝えしています。

ご意見・ご感想などございましたら、こちらにメールして下さい。↓↓↓
takemaster@livedoor.com

なお献本の方も大歓迎です!頂いた本は責任をもってご紹介させて頂きます。ご連絡頂きましたら、折り返し送付先等のメールを送らせて頂きます。よろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村

レビュープラス
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事一覧
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
スポンサードリンク
あわせて読みたいブログパーツ
twitter
twitter始めました! フォローお願い致します。
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。