スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【書評】北村稔『「南京事件」の探究―その実像をもとめて』文春新書

「南京事件」、自分はこう呼称させていただきますが、が発生した「南京攻略戦」から今年で70年になります。
その攻略戦は当時南京が、日本が交戦中であった「中華民国」の首都であったことにから起きたモノ。

で、「いわゆる南京大虐殺」はその攻略戦の最中で起きたとされ、旧日本軍の残虐性を際立たせる意味合いでか、
日本の学校教科書でも欠かせない事件として扱われており、「自虐史観」を象徴する一例ともなっています。

なお今現在、この事件については30万人以上が計画的に殺されたとされる「大虐殺説」から、
そもそもそんな事件すら起きなかったとの「まぼろし説」まで、さまざまに議論がかわされています。

何れにせよ「虐殺があった」もしくは「虐殺は無かった」との結論在りきの立脚点をスタートにしており、
その行き着くところは大概が感情論で、冷静に「議論」されるケースはあまり見受けられないのが常でした。

そういった風潮に対して一石を投じているのが、この一冊です。



管理人のその他のコンテンツ

知的快楽主義者の学習日記
通信制大学、資格取得、e-ラーニングなど管理人が挑戦した学習の記録です。

知的快楽主義者の備忘録Wiki
日々のITエンジニアとしての仕事や勉強の中で役立った知識をまとめています。

 人気ブログランキングへ  にほんブログ村 哲学・思想ブログへ 

↑ ↑ ブログランキングに登録しています。気に入って下さった方は出口がわりにクリックお願い致します!!

関連記事
スポンサーサイト

theme : 読むこと、学ぶこと、生きること
genre : 本・雑誌

comment

Secret

FC2カウンター
プロフィール

takemaster2009

Author:takemaster2009
FC2ブログへようこそ!

はじめまして。「爽快!読書空間」管理人のtakemasterです。
このブログでは、書評、映画の紹介を中心に皆様に「小さな感動」をお伝えしています。

ご意見・ご感想などございましたら、こちらにメールして下さい。↓↓↓
takemaster@livedoor.com

なお献本の方も大歓迎です!頂いた本は責任をもってご紹介させて頂きます。ご連絡頂きましたら、折り返し送付先等のメールを送らせて頂きます。よろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村

レビュープラス
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事一覧
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
スポンサードリンク
あわせて読みたいブログパーツ
twitter
twitter始めました! フォローお願い致します。
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。