スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【映画】『危険なメソッド』監督 : デヴィッド・クローネンバーグ

精神科医カール・グスタフ・ユングとジークムント・フロイト、そしてザビーナ・シュピールライン。
三人のドラマを描く……というわけなんだけれども。

まず特筆すべきはキーラ・ナイトレイの熱演。
あごを突き出し、精神に傷を抱えたマゾヒスト女性というとても難しい役どころを、いきいきと演じている。
演技が光るといえば、短い出演時間の中で余すところなく変態性を発揮するヴァンサン・カッセル。
もはや変態演技匠の技。彼は期待を裏切らない。

が、しかし!
ストーリーは尻切れ蜻蛉というか、あまりすっきりしない終わり方の気がするかもしれない。
それはザビーナ・シュピールライン嬢とユングの関係に注目しているからなんだよ!
これはフロイトとユングの決裂を描いた作品なんだよ!
まあ、出演時間はザビーネが圧倒的にフロイトより長いからね。
わかりにくいのも仕方ないね……。

初対面で13時間ぶっ通して語り合い、王と皇太子として語り合ったフロイトとユングが、些細なすれ違いで決裂してゆき、ザビーネは巻き込まれ事故なんですよ。

クローネンバーグ監督の『イースタン・プロミス』では、ヴィゴ演じる主役に惚れていると思われるヤクザのドラ息子(ヴァンサン・カッセル)が、主役に「俺の目の前でスケ抱いてみろや」とけしかけ、舐め回すように視姦する場面がある……娼婦ではなく、男を。
要するにヤクザ息子は主人公が好きで抱かれたいのだが、それはできないからせめてヴァーチャル体験しているように見える。
それと同じ、女を媒介したやおいを本作のフロイトとユングにも感じるわけで。
巻き込まれる女にすればなんでやねん!おまえら勝手にやれや!だろうなと。
クローネンバーグ監督は『ヒストリー・オブ・バイオレンス』からずっとヴィゴを追う目線にエロスを感じるわけで、本作は老けメイクのフロイトだからと油断していると、どっこいまたもエロかった、という。
本作はそこのところに気づけるかどうかだと思うのだ。



管理人のその他のコンテンツ

知的快楽主義者の学習日記
通信制大学、資格取得、e-ラーニングなど管理人が挑戦した学習の記録です。

知的快楽主義者の備忘録Wiki
日々のITエンジニアとしての仕事や勉強の中で役立った知識をまとめています。

 人気ブログランキングへ  にほんブログ村 哲学・思想ブログへ 

↑ ↑ ブログランキングに登録しています。気に入って下さった方は出口がわりにクリックお願い致します!!

関連記事
スポンサーサイト

theme : 読むこと、学ぶこと、生きること
genre : 本・雑誌

comment

Secret

FC2カウンター
プロフィール

takemaster2009

Author:takemaster2009
FC2ブログへようこそ!

はじめまして。「爽快!読書空間」管理人のtakemasterです。
このブログでは、書評、映画の紹介を中心に皆様に「小さな感動」をお伝えしています。

ご意見・ご感想などございましたら、こちらにメールして下さい。↓↓↓
takemaster@livedoor.com

なお献本の方も大歓迎です!頂いた本は責任をもってご紹介させて頂きます。ご連絡頂きましたら、折り返し送付先等のメールを送らせて頂きます。よろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村

レビュープラス
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事一覧
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
スポンサードリンク
あわせて読みたいブログパーツ
twitter
twitter始めました! フォローお願い致します。
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。