スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【書評】 D.W.ウィニコット『赤ちゃんはなぜなくの-ウィニコット博士の育児講義- (子どもと家族とまわりの世界(上))』星和書店

赤ちゃんに対するウィコニット博士の愛情が十分に感じられる本である。少し訳で読みづらく抽象的な表現が多い。しかも、何度も同じことを言って繰り返している感じも見受けられた。赤ちゃんを一人の人間とみなした視点で書かれてある。赤ちゃんを育てるにあたってどうすればいいのか?まず、第一に大人である親が自分自身を楽しむこと。親が自分を愛すること。次に、赤ちゃんを自分の思いのままにするのではなく、生きている人間なので赤ちゃんが要求にこたえることを楽しむこと。
 母親と母乳に対しての大切さも書かれてある。哺乳瓶では母のようなぬくもりや皮膚の感覚や心臓の音も聞こえず、自分の赴くままにお乳を飲むことができない。要は、自分の欲求には哺乳瓶にはできないのである。赤ちゃんにとっては、お乳が最初の世界になると書かれています。母乳を飲んでいる時の赤ちゃんと母親ほど強い人間関係はないとまで言っています。 そして、母親も体験することによって、母親らしくなって成長していく。それは、育児書などを読んで正しい母親になろうとすることではなく、いかに自分自身を信じ見出せるか母親であるかです。「赤ちゃんはなぜ泣くの」という題名にあるように、赤ちゃんがどうして泣くのか、後半に書かれています。ウィコニットは赤ちゃんは泣くことにより、苦痛を助けてほしかったり、空腹を訴えたり、怒りや不安や悲観を訴えるのだと。それは、とても健康的なことであり、言葉の話せない赤ちゃんにとっての唯一の表現でもある。どれを母親がどれだけ赤ちゃんの意思くみ取るか。等々。深く掘り下げて書かれています。



管理人のその他のコンテンツ

知的快楽主義者の学習日記
通信制大学、資格取得、e-ラーニングなど管理人が挑戦した学習の記録です。

知的快楽主義者の備忘録Wiki
日々のITエンジニアとしての仕事や勉強の中で役立った知識をまとめています。

 人気ブログランキングへ  にほんブログ村 哲学・思想ブログへ 

↑ ↑ ブログランキングに登録しています。気に入って下さった方は出口がわりにクリックお願い致します!!

関連記事
スポンサーサイト

theme : 読むこと、学ぶこと、生きること
genre : 本・雑誌

comment

Secret

FC2カウンター
プロフィール

takemaster2009

Author:takemaster2009
FC2ブログへようこそ!

はじめまして。「爽快!読書空間」管理人のtakemasterです。
このブログでは、書評、映画の紹介を中心に皆様に「小さな感動」をお伝えしています。

ご意見・ご感想などございましたら、こちらにメールして下さい。↓↓↓
takemaster@livedoor.com

なお献本の方も大歓迎です!頂いた本は責任をもってご紹介させて頂きます。ご連絡頂きましたら、折り返し送付先等のメールを送らせて頂きます。よろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村

レビュープラス
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事一覧
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
スポンサードリンク
あわせて読みたいブログパーツ
twitter
twitter始めました! フォローお願い致します。
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。