スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【書評】ローレンス・J.フリードマン『エリクソンの人生 上―アイデンティティの探求者』新曜社

101年前の6月、父なし子としてデンマークに生まれたエリクソン。この出生の秘密は、生涯彼の頭から離れることがありませんでした。オーストリアで、フロイトの娘アンナに師事して精神分析家の資格を得た彼は、ナチスの席巻するウィーンを離れ、アメリカに渡ります。言葉も文化もまるで違う異国で、彼はアイデンティティ概念の確立者として成功を収め、今やアイデンティティという言葉は、日本語でも日常語と言えるまでになっています。本書は、エリクソンの人生と思想をこれまで知られていなかった部分にまで掘り下げて追いながら、20世紀をほぼまるごと生きたこの偉大な精神が私たちに何を残してくれたのか、私たちはそれをどう継承してゆけるのかを改めて考えさせてくれる本です。 ◆本文一部◆ エリクソンの幼年期を探るのは容易ではない。幼いころのエリクは、後年の彼のような人物、つまり賢明な導き手、よき助言者を必死で求めていたように思われる。私生児として生まれ、母の再婚相手の養子となった彼は、実の父親が誰かを知らなかった。そしてエリクソンの言い方にならえば、実母と養父の愛情から出た欺きによって問題は悪化したのである。彼らは長年嘘をつき通した。「養子であったことは、エリクソンの実存の大テーマでした。いつも、そのことを話題にしたものです」と、子ども時代の親友ペーター・ブロスはいう。(第1章より)



管理人のその他のコンテンツ

知的快楽主義者の学習日記
通信制大学、資格取得、e-ラーニングなど管理人が挑戦した学習の記録です。

知的快楽主義者の備忘録Wiki
日々のITエンジニアとしての仕事や勉強の中で役立った知識をまとめています。

 人気ブログランキングへ  にほんブログ村 哲学・思想ブログへ 

↑ ↑ ブログランキングに登録しています。気に入って下さった方は出口がわりにクリックお願い致します!!

関連記事
スポンサーサイト

theme : 読むこと、学ぶこと、生きること
genre : 本・雑誌

comment

Secret

FC2カウンター
プロフィール

takemaster2009

Author:takemaster2009
FC2ブログへようこそ!

はじめまして。「爽快!読書空間」管理人のtakemasterです。
このブログでは、書評、映画の紹介を中心に皆様に「小さな感動」をお伝えしています。

ご意見・ご感想などございましたら、こちらにメールして下さい。↓↓↓
takemaster@livedoor.com

なお献本の方も大歓迎です!頂いた本は責任をもってご紹介させて頂きます。ご連絡頂きましたら、折り返し送付先等のメールを送らせて頂きます。よろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村

レビュープラス
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事一覧
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
スポンサードリンク
あわせて読みたいブログパーツ
twitter
twitter始めました! フォローお願い致します。
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。