スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【書評】ビディ・ヨーエル『学校現場に生かす精神分析【実践編】―学ぶことの関係性』岩崎学術出版社

本書で展開されている精神分析の学校への応用とは,精神分析的実践やその思考プロセスを教育の営みのひとつとして取り入れることである。 学習理論,精神発達や集団心性の理論,学校が直面する今日的な問題などの考察が網羅されており,精神分析的な「教育心理学のテキスト」としての意義をもつ。

現代日本の公立小中学校には、すぐには解決できそうもない問題が山積している。さまざまな水準で教育改革が続けられているが、問題は一向に減っていかない。むしろ増えているような印象すらある。なかでも本書の中心テーマでもある「学ぶことができない子ども」の問題は、教育機関である学校の深刻な問題のひとつである。これは特別支援教育として論じられる類のものだけではない。また最近では、学校機能の中心ともいえる「授業」が成立しないという問題も際立ってきている。この「授業が成立しない」という現象は、学校現場をじかに見る機会のない人にとっては、なかなか想像しにくいのだろう。そのためしばしば、学習内容の量の問題、教師の指導力不足や子どもの躾の問題として片付けられてしまう。しかし多くの場合、事態はそれほど単純なものではない。

本書を読み進めると、学校現場の抱える問題の深刻さが、洋の東西を問わないことがよく理解できる。教師たちは、日夜、すぐには「解決できない問題」の「解決」を求めて子どものために奔走しつづけている。それはこうした問題に直面する大人に、つよい焦燥感と切迫感を喚起するからである。そして無力感や憤りに加え、羨望などの強烈な情緒も交錯して、奔走する大人たちの思考はじわじわと侵食されていく。やがて大人の思慮深さや理性的に考える力が損なわれ、考えなしに行動したり、激しい意見対立によって同僚や関係機関との協働も破壊され、ステレオタイプな対応に終始したり、予測可能な問題でも実際に事が起きるまで何もできず、後手後手の対応に振り回されることになる。つまり「わけも分からず」対応に忙殺され消耗し、現実感覚までもが失われていくのである。いわゆる「荒れる学校」や「学級崩壊」のなかで生じる教職員の士気の低下や機能不全、病気休職などの背景には、しばしばこうしたプロセスを見て取れる。

本書では、既存の精神分析の概念や集団力動の概念を応用して、こうした「解決できない問題」をせめて「考えることのできる問題」に変容させ、大人の現実感覚の喪失や機能障害を克服していくための手がかりが提示されている。なかでも乳幼児観察の応用、コンテインド/コンテイナーのモデル、コンテインメント、集団心性の理論、妄想・分裂ポジションの観点からの非行やいじめの心性へのアプローチは、実際の学校現場で役立つ卓越した考察である。(「あとがき」より抜粋)



管理人のその他のコンテンツ

知的快楽主義者の学習日記
通信制大学、資格取得、e-ラーニングなど管理人が挑戦した学習の記録です。

知的快楽主義者の備忘録Wiki
日々のITエンジニアとしての仕事や勉強の中で役立った知識をまとめています。

 人気ブログランキングへ  にほんブログ村 哲学・思想ブログへ 

↑ ↑ ブログランキングに登録しています。気に入って下さった方は出口がわりにクリックお願い致します!!

関連記事
スポンサーサイト

theme : 読むこと、学ぶこと、生きること
genre : 本・雑誌

comment

Secret

FC2カウンター
プロフィール

takemaster2009

Author:takemaster2009
FC2ブログへようこそ!

はじめまして。「爽快!読書空間」管理人のtakemasterです。
このブログでは、書評、映画の紹介を中心に皆様に「小さな感動」をお伝えしています。

ご意見・ご感想などございましたら、こちらにメールして下さい。↓↓↓
takemaster@livedoor.com

なお献本の方も大歓迎です!頂いた本は責任をもってご紹介させて頂きます。ご連絡頂きましたら、折り返し送付先等のメールを送らせて頂きます。よろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村

レビュープラス
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事一覧
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
スポンサードリンク
あわせて読みたいブログパーツ
twitter
twitter始めました! フォローお願い致します。
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。