スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【書評】春日武彦『ロマンティックな狂気は存在するか―狂気伝説の解体学』大和書房

本書は正常と狂気に境目はあるのかという問題提起から始まる。ここで著者は、狂気はパターンは類型化できるものであり、精神分裂病とイコールの精神疾患として位置付けている。

詩的な創造性という狂気のイメージ。それと同時に我々が抱く狂気への恐れ。著者は狂気のもつ多様性について注意を喚起していく。狂気という表現の曖昧さは、確かに天才的とか破天荒とかの文脈でも使ったりするから。いくつかの症例や、様々な文献(文学からの引用もあり)を用いて、バッサバッサと切り捨てながらこの点について論を展開する。

著者の語り口に(多少)毒を含んでいるので、これを不快と感じるか、痛快と感じるかで本書の評価が変わってしまいそう。

興味深かったのは、「第6章 文学的好奇心をそそる精神症状」の二重人格、恋愛妄想、記憶喪失、憑依現象、ドッペルゲンガー、幻影肢、離人症、既視感、替玉妄想の解説。これらの発生過程を考察し、狂気とは別の枠組みでとらえている。

著者は、狂気は基本的に状況や環境の変化だけでは治らず、孤独のうちに精神内部が自律的に崩壊していくプロセスとしているので、結局、ロマンチックな狂気は存在しない ということになるんだろうな。



管理人のその他のコンテンツ

知的快楽主義者の学習日記
通信制大学、資格取得、e-ラーニングなど管理人が挑戦した学習の記録です。

知的快楽主義者の備忘録Wiki
日々のITエンジニアとしての仕事や勉強の中で役立った知識をまとめています。

 人気ブログランキングへ  にほんブログ村 哲学・思想ブログへ 

↑ ↑ ブログランキングに登録しています。気に入って下さった方は出口がわりにクリックお願い致します!!

関連記事
スポンサーサイト

theme : 読むこと、学ぶこと、生きること
genre : 本・雑誌

comment

Secret

FC2カウンター
プロフィール

takemaster2009

Author:takemaster2009
FC2ブログへようこそ!

はじめまして。「爽快!読書空間」管理人のtakemasterです。
このブログでは、書評、映画の紹介を中心に皆様に「小さな感動」をお伝えしています。

ご意見・ご感想などございましたら、こちらにメールして下さい。↓↓↓
takemaster@livedoor.com

なお献本の方も大歓迎です!頂いた本は責任をもってご紹介させて頂きます。ご連絡頂きましたら、折り返し送付先等のメールを送らせて頂きます。よろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村

レビュープラス
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事一覧
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
スポンサードリンク
あわせて読みたいブログパーツ
twitter
twitter始めました! フォローお願い致します。
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。