スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【書評】河合隼雄『ユング心理学と仏教』岩波書店

河合隼雄先生の本は安定の興味深さ。

ユング心理学と仏教、特に華厳経の共通点あるいは相違点について、先生が講演された内容を書籍にされたものでした。

どんどん細分化し、「個」にすることを目的とする科学に対し、仏教はその逆である。「融合」が重要視される。ユング派の特徴である「集合的無意識」について、華厳経で説かれる意識のありようを用いながら書かれていました。ただ、集合的無意識も華厳経も難しすぎて、理解できたのは70%くらいだと思う…。

この本で最も興味深かった点は、人間の体はひとつの「中枢」によって統合されているのではなく、免疫系と神経系がそれぞれ独立に、それぞれ調和して存在している。心も同様なのではないか、という部分でした。これは最近注目されているレジリエンスにも応用できるところがあるのではないかと思います。

そして、クライエントの話を黙って聞くというのは、公案を与えられて座禅しているのと似ているというお話も面白かったです。

私は河合先生の、「治療者は患者の心を治すことはできない。患者の心がバランスを取り戻すのは、患者の力」という考え方がとても大好きです。
日本人のこころにはどうやったって「宗教」の影が染み込んでいて、それを心理学に取り入れるというのは何の不思議もないと思います。確固たる信念がある外国人の患者さんに対して宗教的なケアをすることはもちろん大切だけれど、日本人の患者さんに対して仏教的な色がある心理療法というのはとてもいいのではないかと思います。もちろん、信仰を強要するものではなく。

河合先生の本は、心理療法のメソッドを学ぶだけではなく、私自身がどう生きるのか、ということについて様々なヒントを与えてくれるような気がします。



管理人のその他のコンテンツ

知的快楽主義者の学習日記
通信制大学、資格取得、e-ラーニングなど管理人が挑戦した学習の記録です。

知的快楽主義者の備忘録Wiki
日々のITエンジニアとしての仕事や勉強の中で役立った知識をまとめています。

 人気ブログランキングへ  にほんブログ村 哲学・思想ブログへ 

↑ ↑ ブログランキングに登録しています。気に入って下さった方は出口がわりにクリックお願い致します!!

関連記事
スポンサーサイト

theme : 読むこと、学ぶこと、生きること
genre : 本・雑誌

comment

Secret

FC2カウンター
プロフィール

takemaster2009

Author:takemaster2009
FC2ブログへようこそ!

はじめまして。「爽快!読書空間」管理人のtakemasterです。
このブログでは、書評、映画の紹介を中心に皆様に「小さな感動」をお伝えしています。

ご意見・ご感想などございましたら、こちらにメールして下さい。↓↓↓
takemaster@livedoor.com

なお献本の方も大歓迎です!頂いた本は責任をもってご紹介させて頂きます。ご連絡頂きましたら、折り返し送付先等のメールを送らせて頂きます。よろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村

レビュープラス
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事一覧
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
スポンサードリンク
あわせて読みたいブログパーツ
twitter
twitter始めました! フォローお願い致します。
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。