スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【書評】R.D.レイン『レインわが半生―精神医学への道』岩波書店

 有名な「引き裂かれた自己」よりは、こちらがレインの思想を理解するためには適切であろう。レインは「反精神医学」として知られる思想の実践者であった。彼は「精神病者は理解できる、彼らは対話可能な存在である」として、常識であった閉鎖病棟をなくし、社会復帰のための施設を設立したりといった活動を行った。晩年は恵まれなかったようだが、彼の訴えそのものはこの現代においてもアクチュアリティを失っていないと思われる。
 レインが医師になった当時、勿論向精神薬はほとんど使えず、インスリン・ショック療法という危険度の高い治療が盛んに試みられていた。レインはこの治療の非人間性を糾弾する。しばらくすると現代でも用いられている電気ショック療法(ECT)が現れるが、これはある回数を超えると脳を破壊してしまう治療なのだ。レインは患者と向きあっていくうちに、彼らの妄想にもそれなりの根拠があり、理解可能であることに気付いてゆく。そしてその信念が後年「反精神医学」と呼ばれた主張に繋がってゆくのだ。
 薬物療法が発達し、軽症化が進んでいるといわれるこんにちでも、当時と同様の偏見や蔑視は後を絶たない。レインの人間的な対応には教えられるところもまだまだ多いと思われるが、いかがだろうか。



管理人のその他のコンテンツ

知的快楽主義者の学習日記
通信制大学、資格取得、e-ラーニングなど管理人が挑戦した学習の記録です。

知的快楽主義者の備忘録Wiki
日々のITエンジニアとしての仕事や勉強の中で役立った知識をまとめています。

 人気ブログランキングへ  にほんブログ村 哲学・思想ブログへ 

↑ ↑ ブログランキングに登録しています。気に入って下さった方は出口がわりにクリックお願い致します!!

関連記事
スポンサーサイト

theme : 読むこと、学ぶこと、生きること
genre : 本・雑誌

comment

Secret

FC2カウンター
プロフィール

takemaster2009

Author:takemaster2009
FC2ブログへようこそ!

はじめまして。「爽快!読書空間」管理人のtakemasterです。
このブログでは、書評、映画の紹介を中心に皆様に「小さな感動」をお伝えしています。

ご意見・ご感想などございましたら、こちらにメールして下さい。↓↓↓
takemaster@livedoor.com

なお献本の方も大歓迎です!頂いた本は責任をもってご紹介させて頂きます。ご連絡頂きましたら、折り返し送付先等のメールを送らせて頂きます。よろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村

レビュープラス
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事一覧
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
スポンサードリンク
あわせて読みたいブログパーツ
twitter
twitter始めました! フォローお願い致します。
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。