スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【書評】土居健郎『表と裏』弘文堂

 建前と本音の区別がわからぬまま大きくなった者の場合は、ちょっとした挫折でも精神的に参ってしまうので、まことに扱いにくいと云わねばならぬ。実はわれわれ精神科医のお世話する病人の中にはこの種の人々が数多く含まれているのである。(p.73)

 アイデンティティというのは簡単に云えば自分を自分として意識することだが、この自分の意識が他者との結びつきの上に成立していることを示唆するところに意義がある。例えばリアの場合、娘との関係が昔日のごとくでないことを知らされた瞬間、自分がもはや自分ではないと感じるところが、この点を最もよく示しているのである。(p.85)

 時間にゆとりがあるというのは、暇を作り出そうと思えば作り出せるということであり、その点に心のあり方が関係しているのである。すなわちそれは云うなれば無用の用であり、心の内的自由度をあらわす。例えば何かある仕事をしていて心はたしかにそれに向けられているが、しかし決してそのとりことはなっていないことがゆとりである。であるから必要とあらばいつでもそこから心を引き離せる。したがってそれは遊びの精神に近いと云ってよかろう。もちろん遊びほうけるのがゆとりではない。遊びと真面目の間に、あるいは自由と制限の間に、ある絶妙なバランスを保っておれるのがゆとりであるということができるのである。(pp.134-135)



管理人のその他のコンテンツ

知的快楽主義者の学習日記
通信制大学、資格取得、e-ラーニングなど管理人が挑戦した学習の記録です。

知的快楽主義者の備忘録Wiki
日々のITエンジニアとしての仕事や勉強の中で役立った知識をまとめています。

 人気ブログランキングへ  にほんブログ村 哲学・思想ブログへ 

↑ ↑ ブログランキングに登録しています。気に入って下さった方は出口がわりにクリックお願い致します!!

関連記事
スポンサーサイト

theme : 読むこと、学ぶこと、生きること
genre : 本・雑誌

comment

Secret

FC2カウンター
プロフィール

takemaster2009

Author:takemaster2009
FC2ブログへようこそ!

はじめまして。「爽快!読書空間」管理人のtakemasterです。
このブログでは、書評、映画の紹介を中心に皆様に「小さな感動」をお伝えしています。

ご意見・ご感想などございましたら、こちらにメールして下さい。↓↓↓
takemaster@livedoor.com

なお献本の方も大歓迎です!頂いた本は責任をもってご紹介させて頂きます。ご連絡頂きましたら、折り返し送付先等のメールを送らせて頂きます。よろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村

レビュープラス
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事一覧
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
スポンサードリンク
あわせて読みたいブログパーツ
twitter
twitter始めました! フォローお願い致します。
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。