スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【書評】内田樹『寝ながら学べる構造主義』文春新書

なるほど~と思う箇所がたくさんあった。常識と思っていることでも、「若い常識」と言う表現を使っていたりして、常識が変移していきながら、考えやその前提も変化する例えがわかりやすかった。
太郎冠者の抑圧のメカニズムをわかりやすく説いていておもしろい。
”太郎冠者はほとんど全力を尽くして、この無知を作りだし、それを死守しているのです。無知であり続けることを太郎冠者は切実に欲望しているのです。”
私達は嘘をつくとき、相手を自分より愚鈍だと思っている、と言う邪悪な部分を見ないようにして嘘を付いたり誤魔化したりしている。でも、こうやって見ない個所を作ることで、相手からは何を見てないかが良く見える。そうやって見ないようにする努力は、ついには「当たり前の様に出来ること」になり、「見ないようにしなくても」、「普通に見ない」、そして、「見えない」と言う風になっていくことに納得。
そして、この抑圧こそが、その人の個性を強く作り上げていて、だからこそ人間として人間臭く面白いのかもしれない。

”歴史は「いま・ここ・私」に向かっていない”と言う話もとても興味深く、視点があちこちに存在することを教えて貰った感じ。日本にあった独特の歩き方があり、それが排除されたことや、体育坐りが”日本の戦後教育が行ったもっとも陰湿で残酷な「身体の政治技術」の行使の実例”と捉えることも出来ることなど、いつの間にハマりこんでいる構造が少しずつ見えてくる。

入門書と言えど、知らない人物や言葉もあったり、簡単と言う訳では無いけど、物事を深く広く捉えたり、考え方の応用にも活かせる良い本だと思う。




管理人のその他のコンテンツ

知的快楽主義者の学習日記
通信制大学、資格取得、e-ラーニングなど管理人が挑戦した学習の記録です。

知的快楽主義者の備忘録Wiki
日々のITエンジニアとしての仕事や勉強の中で役立った知識をまとめています。

 人気ブログランキングへ  にほんブログ村 哲学・思想ブログへ 

↑ ↑ ブログランキングに登録しています。気に入って下さった方は出口がわりにクリックお願い致します!!

関連記事
スポンサーサイト

theme : 読むこと、学ぶこと、生きること
genre : 本・雑誌

comment

Secret

FC2カウンター
プロフィール

takemaster2009

Author:takemaster2009
FC2ブログへようこそ!

はじめまして。「爽快!読書空間」管理人のtakemasterです。
このブログでは、書評、映画の紹介を中心に皆様に「小さな感動」をお伝えしています。

ご意見・ご感想などございましたら、こちらにメールして下さい。↓↓↓
takemaster@livedoor.com

なお献本の方も大歓迎です!頂いた本は責任をもってご紹介させて頂きます。ご連絡頂きましたら、折り返し送付先等のメールを送らせて頂きます。よろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村

レビュープラス
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事一覧
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
スポンサードリンク
あわせて読みたいブログパーツ
twitter
twitter始めました! フォローお願い致します。
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。