スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【書評】橋場弦『民主主義の源流 古代アテネの実験』講談社学術文庫

古代ギリシアのアテネというと、直接民主政を実現したポリスとして知られています。そのアテネ民主政についてはポリスの市民による民主政を最大限に実現したものとして高く評価される一方で、「衆愚政」として批判的に語られることもあります。特にプラトンなどの著作で批判的な言説が残され、それが後世にまで残っているため、アテネ民主政に対する否定的な意見というのは今もかなり強く残されています。そのため、アテネの歴史というと煽動政治家が登場し、以後衆愚政に陥り政治が混乱し、マケドニアに屈したという形で語られることがおおくなっています。

しかし、果たしてアテネ民主政は混乱が続いたのでしょうか。確かにペロポネソス戦争の後半、末期の頃にはそのような状況が一時期発生したことは確かです。しかし実際のアテネがその状態を引きずり続けるということはなく、紀元前4世紀のアテネは民主政を再建し、しくみとしてより整備されたものへ発展させていたことが最近では知られてきています。「参加と責任」にもとづく直接民主政のシステムを描き出す本書もその流れに位置する一冊です。

本書では、まず前半でミルティアデスとペリクレスというアテネの歴史において英雄的な活躍を見せた個人の話を取り上げながらアテネ民主政治の発展について考え、さらに随所に古代と近代、そして現代の違いについて留意するような記述を織り交ぜつつ(個人的には、古代アテネの責任や法、正義などに対する意識が近代とどう違うのか具体例があるとわかりやすくなると思いました)、アテネ民主性のシステムとペロポネソス戦争の混乱と迷走の後のアテネ民主政の歩みについて説明していきます。個人的には、アテネ民主政再建以降を扱う後半部分こそ本書において特に重要な箇所なのではないかと思いますが、紀元前4世紀のアテネ民主政はどのような仕組みを作り上げていたのでしょうか。

大まかに言うと、まずは本書において「人治から法治へ」という形で表現されていますが、法が民会決議より優位に立つことが確定したということがあげられます。ペロポネソス戦争を経験したアテネの人々が立法に関して民会の役割がある程度制限され、立法委員会に法案批准が委ねられるようになることで、一度の民会決議で国家の法が簡単に改廃されることがなくなり、また民会では安易に法に反する決議を出すことができなくなっていきます。ペロポネソス戦争末期に始まったとされる「違法提案に対する公訴」がそれを補償する制度として存在し、実際に(それが政争がらみなこともありますが)使われ、民主政が変な方向へ向かわぬように抑制する役割を果たしていたことも見られるようになっています。

さらに、役人の資格審査と執務審査がより徹底され、すべての役人を対象として行われるようになったことも挙げられます。復活した民主政において、アテネの役人に求められた資質としては民主政に対する忠誠ということがかなり重要だったという指摘がなされています。民主政復活とともに大赦をおこない、寡頭政関係者に対する報復は行わないことを定めましたが、やはり民主政を転覆させようとする動きに対しては警戒し続けねばならなかったことをうかがわせる事柄として取り上げられている事柄です。このことはソクラテス裁判とも関係するというのが本書では指摘されています。

そして、民主政アテネで整備された民衆裁判の仕組みについても詳しく説明を加え、民衆裁判についてはプラトンも民衆の司法への参加の原理そのものは認めているということが指摘されています。プラトンなど哲学者というとアテネ民主政に対し批判的ということがとかく強調されますが、彼らが問題にするのは仕組みというよりもそこに関わる人々の質のようです。



管理人のその他のコンテンツ

知的快楽主義者の学習日記
通信制大学、資格取得、e-ラーニングなど管理人が挑戦した学習の記録です。

知的快楽主義者の備忘録Wiki
日々のITエンジニアとしての仕事や勉強の中で役立った知識をまとめています。

 人気ブログランキングへ  にほんブログ村 哲学・思想ブログへ 

↑ ↑ ブログランキングに登録しています。気に入って下さった方は出口がわりにクリックお願い致します!!

関連記事
スポンサーサイト

theme : 読むこと、学ぶこと、生きること
genre : 本・雑誌

comment

Secret

FC2カウンター
プロフィール

takemaster2009

Author:takemaster2009
FC2ブログへようこそ!

はじめまして。「爽快!読書空間」管理人のtakemasterです。
このブログでは、書評、映画の紹介を中心に皆様に「小さな感動」をお伝えしています。

ご意見・ご感想などございましたら、こちらにメールして下さい。↓↓↓
takemaster@livedoor.com

なお献本の方も大歓迎です!頂いた本は責任をもってご紹介させて頂きます。ご連絡頂きましたら、折り返し送付先等のメールを送らせて頂きます。よろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村

レビュープラス
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事一覧
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
スポンサードリンク
あわせて読みたいブログパーツ
twitter
twitter始めました! フォローお願い致します。
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。