スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【書評】土屋恵一郎『怪物ベンサム 快楽主義者の予言した社会 』講談社学術文庫

「この本のなかで、私は、ベンサムという18世紀の男をとおして、法と社会がはっきりと
したイメージとなって生れてくる過程を描いてみたかった。18世紀の欲望の姿として、
法と社会を考えてみたかった。それは、とりもなおさず、18世紀のイギリスに生きている
人間たちの声がポリフォニックな響きとなって聴こえてくるものでなければならなかった
のだ。だから、時としてベンサムの姿はその多声部の響きのなかに埋もれてしまっている
こともあるかもしれない。しかし、それこそ、私が考える法の思想史のあり方である。
観念が結晶となって独立してあるのではない。むしろ、観念や思想というものが、人間の
感情や欲望と溶け合って、流れ出していく姿を、思想史としてつかみとってしまいたかった」。
 本書は、手紙やテキスト、他の伝記を読み解くことを通じて、ジェレミー・ベンサムの
生涯を再構成する評伝。その射程は同時代の政治、思想界隈の重要人物のみならず、
ロシアの女帝エカテリーナをも収める。文中「私の非体系的ベンサム研究」と自ら認める
ように、功利主義やパノプティコンといったテーマについての解説を目指すものではない。

 パノプティコン構想の背後に、自身の父子関係をめぐるトラウマがある、なんてことを
手紙と関連づける試みも退屈ではない。ただし、彼が「普遍主義」の志向者なればこそ、
そうした個別的な経験に依拠せずとも成り立つ思想体系として今日なおパノプティコンが
語られるわけで、あえてフーコー的な読解にコミットしない実験をしてみたところで、
そこから思想史的に豊かな実りが期待できるでもない。
 実際、その設計者の大半はベンサムを読んだこともないのだろうが、彼の「チューブ」
構想というのはある面では、現代におけるマーケティングやウェブがかなりの部分で
体現してしまっている。それも功利モデルや計算可能コンテンツとしての人間像が、
彼の経験はおろか彼の主張とさえも無関係に、極めて有効なアイディアだから。
 ブラックストーン批判を媒介に、「コモン・ローの伝統をほとんど完全に否定して……
完全なる法典を作ること」を「終生の願望」とするベンサムを描き出したはいいが、
その「願望」の完成形らしき『憲法典』に言及するのはわずか10ページ足らず。少しの
引用だけでもその異常性は一目瞭然、「メカニズムの偏愛」という、彼の彼たる所以とも
思える非常に興味深いトピックに言及しているというのにその扱いはひどく簡潔。
少なくとも同性愛擁護なんて主題にエネルギーを費やすよりはよほど有益だろうに。

「かた」あればこそ型破り、「かた」がなければただの形無し。

 あとがきで、由良君美に「フーコーとは異なる視点からベンサムを研究していて面白い」
なんて激賞を受けたことを語っているが、なぜそのアプローチが王道たり得ないのか、と
いえば、そうした奇を衒っただけの手法の行き止まりが予め約束されているから。
そして本書も、さして語ることを持たないその行き止まりを実証したに過ぎない。
 伝記としても、あまりに取り留めがない。
 奇書と評する他に、さして何があるでもない一冊。



管理人のその他のコンテンツ

知的快楽主義者の学習日記
通信制大学、資格取得、e-ラーニングなど管理人が挑戦した学習の記録です。

知的快楽主義者の備忘録Wiki
日々のITエンジニアとしての仕事や勉強の中で役立った知識をまとめています。

 人気ブログランキングへ  にほんブログ村 哲学・思想ブログへ 

↑ ↑ ブログランキングに登録しています。気に入って下さった方は出口がわりにクリックお願い致します!!

関連記事
スポンサーサイト

theme : 読むこと、学ぶこと、生きること
genre : 本・雑誌

comment

Secret

FC2カウンター
プロフィール

takemaster2009

Author:takemaster2009
FC2ブログへようこそ!

はじめまして。「爽快!読書空間」管理人のtakemasterです。
このブログでは、書評、映画の紹介を中心に皆様に「小さな感動」をお伝えしています。

ご意見・ご感想などございましたら、こちらにメールして下さい。↓↓↓
takemaster@livedoor.com

なお献本の方も大歓迎です!頂いた本は責任をもってご紹介させて頂きます。ご連絡頂きましたら、折り返し送付先等のメールを送らせて頂きます。よろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村

レビュープラス
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事一覧
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
スポンサードリンク
あわせて読みたいブログパーツ
twitter
twitter始めました! フォローお願い致します。
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。