スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【書評】 清水孝純『ルネサンスの文学 -遍歴とパノラマ』講談社学術文庫

 我が国においてもむ美術研究以外の、歴史や思想、文学に関するルネサンス研究が進み、優れた研究者による個別論文が数多く公刊されるようになったが、それらを総括しルネサンスが如何なる潮流の文化運動であったか、全般的な展望を与えてくれる書物は依然乏しい(その結果として小説家の某女史のルネサンス観のような、100年前の古色蒼然としたルネサンス観が、我が国の読書人の間には依然まかり通ってしまっている)。その中で立脚点を文学におきつつ、西欧のルネサンス精神の展開に一応のパノラマを与えようという野心的試みとして貴重である。
 
 特にこのパノラマを「遍歴」というキーワードによって総括したところは、なかなか秀抜な観点であろう。スコラ哲学に代表される中世の壮大だが図式的な世界観=人間観が次第に解体され、現実の中に融解してゆく。拠り所となる基準を見失った精神は、現実そのものの「遍歴」を通じ、経験を蓄積することを媒介に、中世のそれとは異なるより精緻な普遍性を獲得していく。このような経験と普遍の相互作用の中に、ルネサンスの世界観と人間観が打ち立てられていく。

 経験を踏み台に普遍換言すれば超越へと飛躍しようと意図する点において、ルネサンス人の精神はよく言われるように魔術師によって代表されるともいえよう。ルネサンス文人列伝の体裁をとる本書の冒頭におかれた、レオナルドの素描は短いながら、レオナルドが抱懐したこうした魔術師の精神をよくまとめている。

 だが本書において著者が一番筆も生き生きと走らせているのは、『狐ラインケ』から『テイル・オイゲン・シュピーゲル』を経て『ラサーリョ・デ・トルメス』、チェリーニの『自伝』そして『阿呆船』に至る、15-16世紀の民衆文学をたどる本書前半の部分である。そこにおいて著者はこれらの文学にくり広げられる「笑い」が、単なる既存の知的ー政治的秩序の息抜きとしての諧謔や風刺から、こうした秩序あるいは権力の根底を掘り崩し、再検討する「哄笑」へと変貌してくる過程を実によくとらえている。

 すこしがっかりしたのはろ、こうした流れを受けてルネサンスの巨人(エラスムス、マキアヴェッリ、モア、ラブレー、セルバンテス)たちを扱った後半の部分だ。こうしたエリート文化に属する巨人たちの創造性の根が、いかに前半に取り扱われたような民衆文化の伝統に根差しているかが解き明かされるかと思いきや、これらの巨人たちの作品のかなり凡庸な作品解説になってしまっている気がする。著者自身が息切れしてしまっているような感が否めない。もっともこうした知の巨人たちにおける、エリート文化と大衆文化の葛藤の問題は現在の専門研究においても大問題の一つで、問題の巨大さに著者が圧倒されてしまった実情もなんとなくわかる。

 もっとも最後のにとりあげられたモンテーニュで、外的世界の遍歴が内的世界の遍歴へと転換されることを通じて、ルネサンス的普遍性換言すれば魔術的普遍性の担保となっていた、秘められた「私」が如何に掘り崩されていくかを指摘して、ルネサンスから近代への移行を文学の観点から要領よくまとめたのは、なかなかの才腕だといえよう。

 中だるみの部分を除けば読んでいて楽しく、またルネサンス精神とは何かにつき、俗説とは異なるより深い把握の得られる読み物として推奨できる。



管理人のその他のコンテンツ

知的快楽主義者の学習日記
通信制大学、資格取得、e-ラーニングなど管理人が挑戦した学習の記録です。

知的快楽主義者の備忘録Wiki
日々のITエンジニアとしての仕事や勉強の中で役立った知識をまとめています。

 人気ブログランキングへ  にほんブログ村 哲学・思想ブログへ 

↑ ↑ ブログランキングに登録しています。気に入って下さった方は出口がわりにクリックお願い致します!!

関連記事
スポンサーサイト

theme : 読むこと、学ぶこと、生きること
genre : 本・雑誌

comment

Secret

FC2カウンター
プロフィール

takemaster2009

Author:takemaster2009
FC2ブログへようこそ!

はじめまして。「爽快!読書空間」管理人のtakemasterです。
このブログでは、書評、映画の紹介を中心に皆様に「小さな感動」をお伝えしています。

ご意見・ご感想などございましたら、こちらにメールして下さい。↓↓↓
takemaster@livedoor.com

なお献本の方も大歓迎です!頂いた本は責任をもってご紹介させて頂きます。ご連絡頂きましたら、折り返し送付先等のメールを送らせて頂きます。よろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村

レビュープラス
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事一覧
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
スポンサードリンク
あわせて読みたいブログパーツ
twitter
twitter始めました! フォローお願い致します。
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。