スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【書評】清水幾太郎『倫理学ノート』講談社学術文庫

渾身の力作とはこのことで、兎に角、邦語訳のほとんど無いような文献ばかり渉猟し山のように読みまくった結果に出来たような本だ。といっても悪口ではなく、著者の力量、格闘ぶりを如実に表す金字塔として強く推したい1作。ムーア、ケインズ、ヴィトゲンシュタイン、ヴィーコ、コントと独特の視点で思想の水脈を掘り起こし(といっても至極妥当)、対峙させて、著者独自の見解を盛り込む。咳き込むような勢いで書かれている全編に惹かれて一気に読み込んでしまう。ムーア、ラッセルの論理実証主義のバックグラウンドからケインズへと論じるあたりは、必ずしも多く紹介されている文脈ではないので楽しかった。他にも随所に、思想史の機微に触れる面白さはある一方、経済学の基礎理論をしっかり抑えてその思想的な意味へと迫り、疑義を呈する辺りは、著者の力量を物語る。清水幾太郎は、雰囲気に流れやすい人文・社会思想系の学者ではなく、商社マンになっても大成しただろうような、現実感覚と嗅覚、生活力があって、それが、「我が思想の断片」など自伝に類する著作では無類の魅力になっている。が、そのせいで、批判や批評は卓抜でも、どこか自分の思想的な位置は動いてばかりではっきりしない恨みは残る。コントやデューイをやっても、エッセンスだけの紹介で奥に進まない。どこか軽く扱われやすい所以だが、本書は、同氏の本気の力量がみなぎり趣は他の著作とは異なる。が、それでも、対象にぶつかっては何かをつぶやきながら先に進んでしまう体質は同じで、全編読んでも、釈然としないものが残る。「現代」では、その釈然としなさ、これが、真摯な思考の「状態」なのだ、そういうことを示しているのかもしれない。



管理人のその他のコンテンツ

知的快楽主義者の学習日記
通信制大学、資格取得、e-ラーニングなど管理人が挑戦した学習の記録です。

知的快楽主義者の備忘録Wiki
日々のITエンジニアとしての仕事や勉強の中で役立った知識をまとめています。

 人気ブログランキングへ  にほんブログ村 哲学・思想ブログへ 

↑ ↑ ブログランキングに登録しています。気に入って下さった方は出口がわりにクリックお願い致します!!

関連記事
スポンサーサイト

theme : 読むこと、学ぶこと、生きること
genre : 本・雑誌

comment

Secret

FC2カウンター
プロフィール

takemaster2009

Author:takemaster2009
FC2ブログへようこそ!

はじめまして。「爽快!読書空間」管理人のtakemasterです。
このブログでは、書評、映画の紹介を中心に皆様に「小さな感動」をお伝えしています。

ご意見・ご感想などございましたら、こちらにメールして下さい。↓↓↓
takemaster@livedoor.com

なお献本の方も大歓迎です!頂いた本は責任をもってご紹介させて頂きます。ご連絡頂きましたら、折り返し送付先等のメールを送らせて頂きます。よろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村

レビュープラス
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事一覧
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
スポンサードリンク
あわせて読みたいブログパーツ
twitter
twitter始めました! フォローお願い致します。
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。