スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【書評】鈴木孝夫『日本語は国際語になりうるか―対外言語戦略論』講談社学術文庫

 1980年代後半〜90年代前半にかけて著者が雑誌等に寄稿した原稿や講演会での講演内容7篇を集めたもの。内容としては、『日本人はなぜ英語ができないか』(鈴木孝夫 1999年 岩波書店)と同じ路線。

 この著者の本を何冊か読んでみたが、本のタイトルと扱われている内容とが微妙にズレていることが多いように思う。本書の内容も「日本語は国際語になりうるかどうか」を学問的に論じたものではなく、「国家としての対外言語戦略をいち早く確立すべきである」という著者の主張を繰り返し述べたもの。

 著者の主張は明快で、経済大国となった日本はそれに相応しい国際発言力を備えるべきだ、というもの。「だから小学校から英語を」というのは著者の考えの正反対であって、「これからは大学で英語なんか教える必要はない」とすら言う。むしろ、戦争という手段を永遠に放棄した日本が国際社会で生き残っていくためには、英独仏語に偏った外国語教育の枠組みを今すぐ廃することと、日本の「ものの見方」を日本語で世界に説明できるよう、世界の日本語人口を増やすことが必要であるという。

 正直、同じ話の繰り返しが多い(第4章「日本漢字の特性について」だけやや毛色が異なる)。また、かなり急ぎ足で論じられているため、著者の考えをジックリ読みたいなら『日本人はなぜ英語ができないか』を読む方をオススメする。

 正直、自動車輸出等の貿易摩擦が問題になってまだ比較的日の浅かった80年代後半にドンピシャリであった(であろう)議論も、現在の視点から見るとさすがに少し古く感じた。その後の20年間で著者の考えも変わってきているであろう。著者の最近の見解についても知りたいと思った。



管理人のその他のコンテンツ

知的快楽主義者の学習日記
通信制大学、資格取得、e-ラーニングなど管理人が挑戦した学習の記録です。

知的快楽主義者の備忘録Wiki
日々のITエンジニアとしての仕事や勉強の中で役立った知識をまとめています。

 人気ブログランキングへ  にほんブログ村 哲学・思想ブログへ 

↑ ↑ ブログランキングに登録しています。気に入って下さった方は出口がわりにクリックお願い致します!!

関連記事
スポンサーサイト

theme : 読むこと、学ぶこと、生きること
genre : 本・雑誌

comment

Secret

FC2カウンター
プロフィール

takemaster2009

Author:takemaster2009
FC2ブログへようこそ!

はじめまして。「爽快!読書空間」管理人のtakemasterです。
このブログでは、書評、映画の紹介を中心に皆様に「小さな感動」をお伝えしています。

ご意見・ご感想などございましたら、こちらにメールして下さい。↓↓↓
takemaster@livedoor.com

なお献本の方も大歓迎です!頂いた本は責任をもってご紹介させて頂きます。ご連絡頂きましたら、折り返し送付先等のメールを送らせて頂きます。よろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村

レビュープラス
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事一覧
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
スポンサードリンク
あわせて読みたいブログパーツ
twitter
twitter始めました! フォローお願い致します。
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。