スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【映画】『ダーリンは外国人』

 大人気コミックエッセイ『ダーリンは外国人』が井上真央主演で映画化です!


 
内容: 漫画家を夢見るイラストレーター・さおり(井上真央)は中学生のときに英語のテストで4点を取るほど英語は大の苦手。一方、語学オタクのアメリカ人ライター・トニー(ジョナサン・シェア)は漢字の美しさに一目惚れして来日しただけに日本語はペラペラ。そんな二人がひょんなことから出会い、付き合うことに。
 付き合い始めの二人。ただでさえ色々と理解できない部分があるものだけど、“外国人なダーリン”トニーの言動はさおりの想像以上におかしなことやびっくりなことだらけ。
 「『やれああしろこうしろ』の『やれ』って何?」
 「抜かれるなら、度肝がいいよね!」
これってトニーが外国人だから?それとも単なる語学オタクだから?
 なんだかんだいっても幸せな二人は、やがて同棲生活を始める。そして、さおりの姉・三佳(国仲涼子)の結婚式の場で、さおりはトニーを両親に紹介することに。母(大竹しのぶ)はトニーと意気投合するも、無口で頑固な父(国村隼)は、静かな口調だがきっぱりと「漫画家になるという目標も中途半端なまま結婚なんて絶対に認めない。しかも国際結婚なんて、お前が苦労するに決まってる!」
 それを聞いたさおりは一念発起!漫画家になる夢やトニーとの生活を父に認めてもらうため、一生懸命がんばるさおりだが、がんばるほどにトニーとはすれ違いが多くなって・・・・。
 はたして二人は国際結婚というハッピーエンドを迎えることができるのか?
 
感想: 私はもともと小栗左多里さん原作のコミックエッセイ『ダーリンは外国人』のファンで、映画化と聞いたときにどんな映画になるのか想像がつきませんでした。小説やマンガを原作とした映画ならこれまでに何本も見ているし、オチかたも推測できるけど、コミックエッセイというジャンルの映画化・・・予想がつきかねました。でも、楽しみだったのは事実。しかも主演が大好きな井上真央さん!!大切なトニー役のかたも本当にはまり役ってぐらいにコミックエッセイのトニーそのまんまの顔立ち!配役としては素晴らしいと思いました。
 ストーリーはコミックエッセイのテイストも交え、フィクションで構成されてはいるようです。ダーリンが外国人だからとかそういうのは関係なくて、二人の男女がいかに理解しあって困難を乗り越え結ばれるかという、笑いあり、涙ありのステキなラブストーリーでした。
 ダーリンが外国人な方はもちろん、そうでない方も、募集中のかたもみんながハッピーになれる映画です!

関連書籍
スポンサーサイト

theme : 最近見た映画
genre : 映画

【書評】有川浩著 『県庁おもてなし課』 角川書店

 著作が舞台化、ドラマ化、映画化とヒットを飛ばし続ける有川浩の地域振興作品!グダグダのお役所にピリリと辛い小説家が変化をもたらす!?地域密着型の新しい小説です。


 
内容: 高知県庁観光部に発足した「おもてなし課」。観光立県を目指すべく独創性と積極性に期待し集められた県庁でも若手の面々。しかしな
がら、彼らはどこまでも役所のルール内で仕事をしてきた人々だった。県庁に入庁して3年目の一番下っ端の掛水でさえも・・・。
 課が発足して一ヶ月はあーでもない、こーでもないと会議をしているだけで終わってしまったが、地元出身の著名人に観光特使をお願いする案がまとまり、方々に打診することになった。掛水が担当した地元出身で人気小説家の吉門は、その観光特使の企画そのものの欠点を告げながらも承諾し、話は進むかに見えた。
 しかし、企画を受けた後1ヶ月も音沙汰のないお役所仕事に吉門は疑問を提示する。その言葉に思い悩みながらも、掛水とおもてなし課は地域活性化に向け吉門のイタイ助言を考えながら、必死に地域を駆けずり回る。
 果たして、おもてなし課は県外地域に高知をアピールできるようになるのか!?地元の良さに改めて気づかされる泥臭いが光る何かがある地域活性化ストーリー!!
 
感想: 実際に「おもてなし課」なるものが存在することは知っていました。お役所のなかにおもしろい名前の課ができたもんだなぁなんて思っていました。地元民でなくてもそう思うんだから、お役所のなかではまさに画期的だったんでしょうね。その中の人々がどんなことをしているのかは正直、外の人間にはわかりません。でも、物語のおもてなし課の行動をみると、きっとうちの地元でもお役所仕事で民間とはだいぶ違う時間軸で仕事してんだろうなぁなんて思って自分の地元のことのように読み進められました。
「これだからお役所は」と言われながら、具体的に何がダメなのかを指摘してもらわないとダメな部分すらわからなかった掛水が、徐々に民間の営業マンのように成長していく様は希望でした。うちの地元にもこんな人材がいるかしらと思いを馳せてみたりして。
 小説で、ここまで地域密着型でその地域をアピールする目的が達成されている物語も珍しいかな?と思いました。また、自身の地元に関心を持てるようになるいいきっかけになったと思います。

関連書籍

theme : 本の紹介
genre : 本・雑誌

【書評】葉月かほ著 『たまさんの新米ママ』 文芸社

 新米ママの葉月かほさんが、娘たまさんの日々の行動があまりに面白くて立ち上げた子育てブログが書籍化されました。
 出産前の不安や期待、出産後の初めてだらけの赤ちゃんの世話を暖かく綴っています。

 
内容: 出産前、まさしく真っ白の白紙の状態からはじまった育児。すべてわからないことだらけで、不安もあったが腕に抱いたわが子の可愛さに改めて母親として一生懸命頑張っていこうと決意する。
 新生児期~8ヶ月までのたまさんの日々の行動を細かく、暖かみのある文章で綴っている。身近に幼い子がいた経験のない著者が抱っこの仕方で不安に思っていたり、母乳の出が悪く悲しい思いをしたり、はじめての笑顔で感動したりとたまさんの仕草に一喜一憂。
 一般的な紙おむつではなく、布オムツを使っている著者の苦労も6ヶ月にはいりおまるに座れるようになるとオムツ離れがスムーズという利点にかわる。
 鼠径ヘルニアで入院・手術を余儀なくされたわが子を思い、命のありがたさを改めて実感する4ヶ月や、夜泣きがおさまった5ヶ月目。離乳食をはじめた6ヶ月目、寝返りができるようになった7ヶ月目、ティッシュペーパーでいたずらをしはじめた8ヶ月目とぐんぐん成長するたまさんの日々が描かれている。
 ブログに大幅加筆をしているため、ブログを見てきた方にも楽しめる一冊となっている。
 
感想: とにかくはじめての育児で誰しも不安に思うこと、嬉しかったこと、悲しかったことがありのままに描かれていて、育児中の親御さんには心に寄り添う一冊となっています。
 妊娠中で、先の育児に不安になっている方にもオススメだと思います。また、最近エコブームで挑戦する方も増えている布オムツに関してもいい参考になるかもしれません。
 全体に親子の愛や、優しさが散りばめられた一冊です。

関連書籍

theme : 本の紹介
genre : 本・雑誌

【書評】東京都歴史教育研究会監修『一冊でわかる イラストでわかる 図解 近代史』成美堂出版

 明治時代を100のテーマでわかりやすく解説しています。

 
内容: 明治維新からはじまる明治時代を様々な角度から多面的に解説している。
 世代別で見やすい主要人物一覧や年表、明治期の世界情勢などが写真や地図オールカラーで解説されている。
 明治維新から時系列に章立てがされており、その時期におきた事象を様々な角度からみることができる。豊富な図版で主要な事件、外交、文化の様子も一目瞭然で目まぐるしい時代の変化が起こった明治時代を整理して理解するのに役立つ。
 
感想: 図や写真を多用し解説しているので、楽しく読むことができます。主要な事件などは大見出しでその内容が大体わかるようになっていて、解説がされている部分ではキーワードとなる語句が太く見てわかるようになっています。
 私的におもしろいと思ったのは、ページ下部の余白部分を使って、そのページに掲載されている事象に関係のある雑学が紹介されているところです。歴史が苦手な人でも、写真をみるようにして楽しめるし、歴史が好きな人はもっと深く理解するのに役立つ一冊だと思います。

*東京都歴史教育研究会監修『一冊でわかる イラストでわかる 図解 近代史』は、成美堂出版様より、献本して頂きました。いつもありがとうございます。

関連書籍

theme : 本の紹介
genre : 本・雑誌

【書評】セアまり作 はまのゆか絵 『もうどうけんふりふりとまり』 幻冬舎エデュケーション

 『13歳のハローワーク』のイラストで知られるはまのゆかさんが絵を担当した心温まる絵本です。
 盲導犬ふりふりとパートナーのまりが過ごすあたたかな作品です。

 
内容: 黒いラブラドールレトリーバーのふりふりは盲導犬。パートナーのまりは次第に視力がなくなって、今ではほとんど見えない視覚障害を持っている。ふりふりは好奇心旺盛でとっても人懐っこい子で、まりはふりふりが来てからいろんなことにチャレンジするように。
 ある日、まりはふりふりを連れて沖縄の海に行くことにする。ふりふりははじめての飛行機でもきちんと盲導犬の仕事をこなすが、沖縄に着くとちょっとした失敗で、体調を崩してしまう。まりは心配して楽しみにしていた海に入ることもせず、ふりふりの隣にいた。
 次の日、体調の回復したふりふりはベッドから抜け出して海に行くと、大きなウミガメに出会う。ふりふりは思い切って海に飛び込むと次第に泳げるようになる。海からあがったふりふりはホテルに戻るとまりと一緒に海に出かける。いよいよまりが楽しみにしていたシュノーケリングに挑戦!果たしてまりはうまく泳げることができるのか?ふりふりは海の中でも盲導犬としての役割を果たすことができるのか?
 勇気あふれる盲導犬ふりふりと明るく前向きなまりの心があたたかくなる物語。
 
感想: はまのゆかさんが描く絵がものすごく暖かく、親しみのある絵で、主人公のふりふりや海の動物たちも生き生きと描かれていました。また、障害があっても前向きに明るく過ごすまりの姿は読者に大きな勇気を与えると思います。
 裏表紙には、小さな子供でもわかりやすく<盲導犬>が理解できるように説明書きがされていたのがとても素晴らしいと思いました。盲導犬など人のサポートをしてくれる動物たちのお話を絵本でというのはなかなかみないので、こういった子供たちにもわかりやすく、受け入れやすい形態であるのは保護者としてとても嬉しく思います。
 3・4歳くらいからでも読み聞かせできる作品です。この絵本をきっかけに子供たちとみんなに優しい社会について考えてみるのもいいかもしれません。とても心のあたたまるステキな作品です。

*セアまり作 はまのゆか絵 『もうどうけんふりふりとまり』は、幻冬舎エデュケーション様より献本して頂きました。いつもありがとうございます。

関連書籍

theme : 本の紹介
genre : 本・雑誌

【書評】太田知子著 『子育てハッピーたいむ1 ななとひよこの楽しい毎日』 1万年堂出版

 『子育てハッピーアドバイス』シリーズのイラストを担当していた太田知子さんの育児ブログを書籍化したものです。全編フルカラーでとってもかわいいななちゃんとひよこちゃんのエピソード満載です。

 
内容: 5歳と1歳の娘の母である著者がその毎日をかわいいイラストと文章で綴ったブログを書籍化したもの。長女が生まれた日のことが巻末におまけマンガとして収録されている。
 5歳のななちゃんはおしゃれが大好きで1歳のひよこちゃんは食べ物が大好き。この姉妹が毎日引き起こすドタバタをおもしろおかしく描いた育児ブログ。
 著者の子供たちへの愛があふれた一冊。
 
感想: とにかくイラストがラブリー!そのイラストに負けないくらいぶっ飛んだエピソードが満載です。ひらがなを読めるようになってきたななちゃんが調味料の説明書きをみて大騒ぎしたり、ひよこちゃんの命名秘話や食事にまつわる思わず笑ってしまうお話など、誰もがほんわかするあったかいブログ本です。
 育児中は子供のことばかりで自分の時間がなくてイライラしてしまったり、まだ子供と言葉が通じないときはお互いに気持ちが通じなくてさらにストレスがたまってきたり・・・ついカッとなってしまうこともあります。そんなときに同じ境遇の方のお話が聞けるとそれだけでホッとしたりするもんです。自分だけが苦しいわけじゃないんだ、皆同じ気持ちで大変なときがあるんだと共感することで、育児で陥りやすい孤独感からほんの少しでも解放されるような、そんな気がします。
 育児で思い悩んでいる人も、これからママ・パパになる人も、もちろんそうでない方でも楽しめる本です。

*太田知子著 『子育てハッピーたいむ1 ななとひよこの楽しい毎日』は、1万年堂出版様より献本して頂きました。いつもありがとうございます。

関連書籍

theme : 本の紹介
genre : 本・雑誌

FC2カウンター
プロフィール

takemaster2009

Author:takemaster2009
FC2ブログへようこそ!

はじめまして。「爽快!読書空間」管理人のtakemasterです。
このブログでは、書評、映画の紹介を中心に皆様に「小さな感動」をお伝えしています。

ご意見・ご感想などございましたら、こちらにメールして下さい。↓↓↓
takemaster@livedoor.com

なお献本の方も大歓迎です!頂いた本は責任をもってご紹介させて頂きます。ご連絡頂きましたら、折り返し送付先等のメールを送らせて頂きます。よろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村

レビュープラス
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事一覧
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
スポンサードリンク
あわせて読みたいブログパーツ
twitter
twitter始めました! フォローお願い致します。
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。