スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【書評】アーサー・ブロック『英語耳・多読 マーフィーの法則de英語耳 3ヵ月であらゆる英語が平易にゆっくり聞こえ出す!』アスキー・メディアワークス

本書は"英語耳シリーズ"として刊行されていますが、他の英語耳の本とは独立して利用することができるように配慮されています。本書の前半(理論編)で"英語耳"の理屈と鍛え方を解説し、本書の後半(実践編)ではMurphy's law(1991年版)から英会話練習に適すると著者が判断した約半数の例にとって「実際にどう発音するのか」を解説しています。(リエゾンなどの発音上の注意事項、発音に要する秒数、英文の和訳) また付録CDには実践編に収録した英文の音声(男声・女声、ナチュラル・スピード)が収録されています。(全34トラック、約70分。アメリカ人ナレーターの発音だけあって、明瞭かつ自然な発音で聞きとりやすいです) この英語発音どおりにスラスラ発音できるようになることが本書の目標となります。(聴いて理解できるレベルからの脱却ですから、確かに修練が必要ですね) 英語中級レベル以上を自認する方であれば、本書を楽しみながら取り組めることでしょう。

"Good judgment comes from bad experience. Experience comes from bad judgment." こういうウィットにとんだ内容(知的なユーモア)をサラッと英語でも言えるようになると、英語プレゼンの場で十分自信を持って臨めるようになることでしょう。本評者は科学技術関係の会合で話す機会がありますので、プレゼン・ネタ(話の"つかみ"&"オチ")のストックとして活用させて頂きます。(iPodにも入れました。これで出先でも復習できます。



管理人のその他のコンテンツ

知的快楽主義者の学習日記
通信制大学、資格取得、e-ラーニングなど管理人が挑戦した学習の記録です。

知的快楽主義者の備忘録Wiki
日々のITエンジニアとしての仕事や勉強の中で役立った知識をまとめています。

 人気ブログランキングへ  にほんブログ村 哲学・思想ブログへ 

↑ ↑ ブログランキングに登録しています。気に入って下さった方は出口がわりにクリックお願い致します!!

スポンサーサイト

theme : 読むこと、学ぶこと、生きること
genre : 本・雑誌

【書評】森沢洋介『英語は暗記するな! 1日30分・中学英語ではじめる学習法』エンターブレイン

「英語は暗記するな」という書名には、いくつかの意味が込められているようだ。

語学学習における「暗記」といってもいろいろだ。
単語や熟語の日本語の意味を機械的に覚えこむ(暗記する)ことからに始まって、
文(例文集の例文とか)あるいは文章を暗唱する(暗記する)ことまで。

このうち、英単語や熟語を一対一で和英対比させて機械的に覚えこもうと試みても
うまくいかないことは最近では広く受け容れられつつあると思うが、著者は、もう
一歩踏み込む。

すなわち、文章をまとめて覚えることは語学習得上、一般的には有用とされるが、
しかし、「意味を理解しながら、音声を聴きあるいは自ら声に出すことが大切であって、
意味の理解と音声とが分離してしまってはいけない。そのことをよく理解した上で、
機械的な反復におちいらないように、音声トレーニングを行うべき」ということを
強調している。

本書は、そのような基本の認識を示した上で、音読、リスニング、リピーティング、シャ
ドーイングの繰り返しによる地道な訓練の必要性を説いている。そして、それらの練習の
ための素材を、学習者に飽きがこないように工夫しながら、学習しやすい形で、かつ、細
かい学習方法まで示しながら、提供している。

特に、リピーティングのための、ポーズ付きの音声が吹き込まれているのはよい。
リピーティングは、シャドーイングよりも難しい。これをやってみると、結構、簡単なセン
テンスなのにリピートできない自分に気づいたりする。結構、きちんと聞けていない、
あるいは内容をretain 出来ていないということがあるのだな、ということががよくわかる。



管理人のその他のコンテンツ

知的快楽主義者の学習日記
通信制大学、資格取得、e-ラーニングなど管理人が挑戦した学習の記録です。

知的快楽主義者の備忘録Wiki
日々のITエンジニアとしての仕事や勉強の中で役立った知識をまとめています。

 人気ブログランキングへ  にほんブログ村 哲学・思想ブログへ 

↑ ↑ ブログランキングに登録しています。気に入って下さった方は出口がわりにクリックお願い致します!!

theme : 読むこと、学ぶこと、生きること
genre : 本・雑誌

【書評】綿貫陽 マーク・ピーターセン『表現のための実践ロイヤル英文法』旺文社

 タイトルにある「表現のための」との記載の通り,英語で書くことや話す際に,微妙なニュアンスのあるところが丁寧にまとめられている文法書だと思って読んでいました。翻訳のロボットではなく,微妙なニュアンスまで含めて,文法的に正確に英語を使ったり,英語から日本語に翻訳したりするためにポイントとなる事項がまとめられていたと思います。
 学校の英語の時間のテキストや学校の英語のテストには,直接使えないのかもしれませんが,実際に英語でコミュニケーションを取る場面では,この本にあるような知識が役立つと思います。実践を通じて学び取れることも多く取り上げられているのですが,漠然と実践を通じて知ることと,こういうきちんと体系的にまとめられた書籍を通じて知識を確認することはやはり別物ですので,このような文法書を1冊読むことは,日本人が英語でコミュニケーションをとっていくには有効ではないかと思います。



管理人のその他のコンテンツ

知的快楽主義者の学習日記
通信制大学、資格取得、e-ラーニングなど管理人が挑戦した学習の記録です。

知的快楽主義者の備忘録Wiki
日々のITエンジニアとしての仕事や勉強の中で役立った知識をまとめています。

 人気ブログランキングへ  にほんブログ村 哲学・思想ブログへ 

↑ ↑ ブログランキングに登録しています。気に入って下さった方は出口がわりにクリックお願い致します!!

theme : 読むこと、学ぶこと、生きること
genre : 本・雑誌

【書評】『TOEICテスト新公式問題集〈Vol.4〉』国際ビジネスコミュニケーション協会

公式問題集第4弾。模試2回分が収録されている。
既刊シリーズでは最も高い難易度らしいが、
個人的にもそれを実感する難しさ。

それでも、テストに準拠した内容、音声は試験対策には必須。
難しいと承知した上で、徹底して勉強・活用すれば、
テスト前に返って自信に繋げることも出来るのではと思う。



管理人のその他のコンテンツ

知的快楽主義者の学習日記
通信制大学、資格取得、e-ラーニングなど管理人が挑戦した学習の記録です。

知的快楽主義者の備忘録Wiki
日々のITエンジニアとしての仕事や勉強の中で役立った知識をまとめています。

 人気ブログランキングへ  にほんブログ村 哲学・思想ブログへ 

↑ ↑ ブログランキングに登録しています。気に入って下さった方は出口がわりにクリックお願い致します!!

theme : 読むこと、学ぶこと、生きること
genre : 本・雑誌

【書評】『TOEICテスト新公式問題集〈Vol.3〉』国際ビジネスコミュニケーション協会

唯一の公式問題集シリーズ第3弾。
Vol.1と2は今のテスト内容とやや異なるとのこと。
内容もこのVol.3の難易度が1番高いようである。

公式の良さはやはりリスニングにある。
スピーカーが本番試験と同じである点は大きい。
繰り返して聞き込むことで、リスニングの点数アップは期待できそう。
リーディングは、タイムコントロールの訓練には最適。
やはり、TOEIC受験者には必須の参考書・問題集と言える。

とはいえ、値段がやや高めなので、本書を丁寧にやりこみたい。



管理人のその他のコンテンツ

知的快楽主義者の学習日記
通信制大学、資格取得、e-ラーニングなど管理人が挑戦した学習の記録です。

知的快楽主義者の備忘録Wiki
日々のITエンジニアとしての仕事や勉強の中で役立った知識をまとめています。

 人気ブログランキングへ  にほんブログ村 哲学・思想ブログへ 

↑ ↑ ブログランキングに登録しています。気に入って下さった方は出口がわりにクリックお願い致します!!

theme : 読むこと、学ぶこと、生きること
genre : 本・雑誌

【書評】スティーブ・ソレイシィ『英会話1000本ノック』コスモピア

英語は本とにらめっこばかりでは上達しません。
話す練習をしないと。

文法の練習と併用して、話すための訓練もしましょう。



管理人のその他のコンテンツ

知的快楽主義者の学習日記
通信制大学、資格取得、e-ラーニングなど管理人が挑戦した学習の記録です。

知的快楽主義者の備忘録Wiki
日々のITエンジニアとしての仕事や勉強の中で役立った知識をまとめています。

 人気ブログランキングへ  にほんブログ村 哲学・思想ブログへ 

↑ ↑ ブログランキングに登録しています。気に入って下さった方は出口がわりにクリックお願い致します!!

theme : 読むこと、学ぶこと、生きること
genre : 本・雑誌

【書評】クリストファー・ベルトン『「ハリー・ポッター」Vol.1が英語で楽しく読める本』コスモピア

ハリーポッターがでて、すぐに原書を買いました。
英語の朗読のCDも買って、耳から英語を入れるようにしました。
この本も、すぐに買って、知らない単語を見たりしました。

3年間かけて、第1巻を英語で読破しようとしましたが、失敗しました。
CDも、1枚目は100回程度聞いたのですが、意味を納得できるところまでは行きませんでした。

それは、決してこの本の責任ではありません。

日本語の翻訳、映画(英語と日本語)があり、解説書やパロディー本までたくさんあり、情報に満腹してしまったからかもしれません。

あるいは、仕事で英語を使っていても、英語で生活をしていないために、日常会話の英語についていけないためかもしれません。

それでも本書の評価を高くしているのは、いつか時間があったときに、再挑戦したいという意志があるためです。

積読にしている方、もう一度、英語での読破に一緒に挑戦しませんか?



管理人のその他のコンテンツ

知的快楽主義者の学習日記
通信制大学、資格取得、e-ラーニングなど管理人が挑戦した学習の記録です。

知的快楽主義者の備忘録Wiki
日々のITエンジニアとしての仕事や勉強の中で役立った知識をまとめています。

 人気ブログランキングへ  にほんブログ村 哲学・思想ブログへ 

↑ ↑ ブログランキングに登録しています。気に入って下さった方は出口がわりにクリックお願い致します!!

theme : 読むこと、学ぶこと、生きること
genre : 本・雑誌

【書評】セニサック陽子『奇跡の音(ミラクルリスニング) 8000ヘルツ英語聴覚セラピー』きこ書房

8000ヘルツという高周波音は耳を生まれた時の状態に戻してくれるそう。
イルカの鳴き声も高周波音らしく、人を癒す不思議な力もあるそうです。
なので8000ヘルツで英語を聞くと耳の能力がリセットされて英語を聞き取りやすくなるそうです。
それと同時にストレスを緩和してくれるそうです。
本当だとすごいですよね。
しばらく聞いてみようと思います。



管理人のその他のコンテンツ

知的快楽主義者の学習日記
通信制大学、資格取得、e-ラーニングなど管理人が挑戦した学習の記録です。

知的快楽主義者の備忘録Wiki
日々のITエンジニアとしての仕事や勉強の中で役立った知識をまとめています。

 人気ブログランキングへ  にほんブログ村 哲学・思想ブログへ 

↑ ↑ ブログランキングに登録しています。気に入って下さった方は出口がわりにクリックお願い致します!!

theme : 読むこと、学ぶこと、生きること
genre : 本・雑誌

【書評】大西泰斗 ポール・マクベイ『英単語イメージハンドブック』青灯社

大西さんはたくさんの英語学習の教材を出していますが、「イメージ」で勉強するという著作が10冊を超えます。英単語イメージハンドブックは、それら全てのイメージ関連の著作をコンパクトにまとめたものになっています。ダイジェストといっても重要な説明は一切省かれていないので、必要十分な情報をこの1冊から得ることができます。



管理人のその他のコンテンツ

知的快楽主義者の学習日記
通信制大学、資格取得、e-ラーニングなど管理人が挑戦した学習の記録です。

知的快楽主義者の備忘録Wiki
日々のITエンジニアとしての仕事や勉強の中で役立った知識をまとめています。

 人気ブログランキングへ  にほんブログ村 哲学・思想ブログへ 

↑ ↑ ブログランキングに登録しています。気に入って下さった方は出口がわりにクリックお願い致します!!

theme : 読むこと、学ぶこと、生きること
genre : 本・雑誌

【書評】土屋雅稔『〈具体的・効率的〉英語学習最強プログラム』ベレ出版

著者の土屋雅稔氏は、20代はオートレーサーを目指しながらのフリーター。そのあと30歳で英語学習を初め、一年後に900点。今英語スクール主宰。
感想。一番いいのは、著者も述べているけど「私の奮闘日記」タイプではないことだと。何をどういう順番で学習しなさい、その理由は此此です。そのためにはこの参考書を使いなさい、その理由は此此です。その参考書をこういうスケジュールでこんな使い方をしなさい。みたいなことが具体的に分かりやすく記載されている。
本にも書いてありましたが、英語ができない人は、効率の良さを求めることを言い訳に、普段の努力を怠ってる人だと。効率悪くてもやりゃできると。耳が痛い。自分レベルには大変助かる内容でした。



管理人のその他のコンテンツ

知的快楽主義者の学習日記
通信制大学、資格取得、e-ラーニングなど管理人が挑戦した学習の記録です。

知的快楽主義者の備忘録Wiki
日々のITエンジニアとしての仕事や勉強の中で役立った知識をまとめています。

 人気ブログランキングへ  にほんブログ村 哲学・思想ブログへ 

↑ ↑ ブログランキングに登録しています。気に入って下さった方は出口がわりにクリックお願い致します!!

theme : 読むこと、学ぶこと、生きること
genre : 本・雑誌

FC2カウンター
プロフィール

takemaster2009

Author:takemaster2009
FC2ブログへようこそ!

はじめまして。「爽快!読書空間」管理人のtakemasterです。
このブログでは、書評、映画の紹介を中心に皆様に「小さな感動」をお伝えしています。

ご意見・ご感想などございましたら、こちらにメールして下さい。↓↓↓
takemaster@livedoor.com

なお献本の方も大歓迎です!頂いた本は責任をもってご紹介させて頂きます。ご連絡頂きましたら、折り返し送付先等のメールを送らせて頂きます。よろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村

レビュープラス
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事一覧
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
スポンサードリンク
あわせて読みたいブログパーツ
twitter
twitter始めました! フォローお願い致します。
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。